20211008 第20回ナノ構造ポリマー交流会

第20回ナノ構造ポリマー交流会
ナノ構造ポリマー研究会では、これまでに、毎年1泊2日の合宿形式で交流会を実施してきました。しかし、昨年度、新型コロナウィルスの猛威により、すべての交流会はオンライン開催となり、対面式と同様に活発な議論ができたとは言えません。但し、参加いただいた皆様、幹事メンバーは、かなりオンラインに慣れてきた印象を持っています。今年度の交流会は、昨今の新型コロナウィルス(デルタ株)の感染力による影響を配慮して、オンライン方式で開催することとしました。
交流会は、ブリヂストン殿のご厚意で、’ブリヂストン・イノベーション・ギャラリー’のビデオによる見学、ブリヂストンの会田様から「ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた世界初のポリマー」に関する大変興味深い内容の基調講演を企画しました。また、終了後にオンラインによる懇親会も予定しています。プラスチック材料・成形加工に従事される会員の皆様の意見交換の場として、非常に有益と考えます。多数の方のご参加により、ナノ構造ポリマー研究会の益々の活性化を期待しています。

【日時・開催方式】2021年10月8日(金)14:30-18:00 Zoomによるオンライン
(参加申込 締切:9/17)
*後日、参加者にはZoom招待状をお知らせします。

【内容】
14:30-14:40 開会挨拶
古河電工(株) 加納 義久氏(ナノ構造ポリマー研究会 会長)
14:40-15:40 基調講演:自己修復性を有する高強度エチレン系エラストマー
       株式会社ブリヂストン 会田 昭二郎氏
概要:㈱ブリヂストンは新規の合成法を用いることにより、エチレンとブタジエンを直接共重合させることに成功しました。当該ポリマーは、ポリエチレンおよびポリブタジエンの性質を合わせ持つとともに、“高い耐突き刺し性”や“自己修復性”など、これまでにない特徴的な性能を示すことがわかりました。タイヤ以外の様々な分野への適用が可能と考えており、当日は広く開発のヒントとなるよう解説いたします。
休憩
16:00-16:50 見学(ビデオ紹介):ブリヂストン・イノベーション・ギャラリー
16:50-17:00 閉会挨拶
       ナノ構造ポリマー研究協会 代表理事 西 敏夫氏
17:00-18:00 オンライン懇親会

参加要領
講習会費:ナノ構造ポリマー研究協会会員 無料、非会員 5000円
申込方法:氏名、会社、部署、電話、メールアドレス、請求書が必要な
場合はその旨を下記 宛へメールでご連絡下さい。

【ナノ構造ポリマー研究協会会員】
特定非営利活動法人ナノ構造ポリマー研究協会
企画責任者 理事
真下成彦
mail: mashita@ransp.jp
WEB申し込み
ここより、開催行事に進み、参加連絡を記入して、送信してください。

Author: xs498889

コメントを残す